おすすめのDVD作品その1

本当に!?『さらば あぶない刑事』
映画見たいとは言うものの、めったに映画館には足を運ばない母が、見たい!と騒いだ映画、『さらばあぶない刑事』

私は一応、20代なので、本来ならあぶない刑事って、あまり詳しく知らないはずなんです。
でも、母が大ファンで。家にビデオなりグッズがあって、よく、小さい頃からみてました。
だから、母は見に行きたいと絶対言うと確信がありました。

結構、微妙な時間帯に行ったにもかかわらず以外ほぼ満員。

やっぱり、ユージとタカ人気は凄い。
冒頭から、往年のあぶデカワールド満載。
ユージの登場の仕方は、きっと、今のイケメン俳優がやっても格好悪い。

あれはユージだから、恭兵様だからカッコいいんだと力説します。
タカさんの、あのフェロモンボイス。たまりません。
やっぱ、スーツ似合うわ。
恭兵走りもみれました。拳銃もとびだすし、相変わらず車、ボロボロにして、町田課長の胃を攻撃してて、笑いが止まらない。
二人が定年、町田くんが課長とか、なんかちゃんと時間たってるんだなぁって感じながらみていました。

ちゃんとシリアスなシーンもあり、締めるとこは締めます。

最後の、あぶデカコンビ対吉川晃司は、もう、どうなるの、吉川晃司強すぎないってハラハラしていて、えっ、絶対絶命、、ってとこで、町田君のスピーチが流れるから、刑事は定年間際に
殉職率が上がるって、ずっと物語の冒頭から言ってたけどこの伏線!?って思ったけど、まぁ、大丈夫でした。

ずっと二人は仲良く、薫ちゃんと三人で暮らすのかなとおもいました。個人的には、タカさんと菜々緒の結婚も見たかったけど、
薫ちゃんのウエディング何れ姿みれたから良かったかなぁ。タカさんが結婚しちゃうと、ユージひとりぼっちだから二人が一緒で良かったけど、菜々緒の最期でタカさんの落ち込み様は、みたいて辛かった。

とにかく、本当にこれで最後なんだなって、哀愁が漂う感じで終わるのではなく、あぶデカらしいラストで大満足でした。