おすすめのDVD作品その3

黒澤明監督 七人の侍についての感想
昔の白黒映画なんて、今の作品のほうが面白いから興味ない!
なんて思っている人はいませんか?
私も正直白黒映画は苦手でした。
何だか雰囲気が暗い感じがして、食わず嫌いをしていました。

友達が家に遊びに来たときに、突然「七人の侍見る!」と言い始めて、借りて一緒に見たのですが…見終わった頃はDVD買おうかなと思い始めていました。

あらすじは、野武士が村を荒らしにやってくるから百姓が侍に用心棒をお願いする、という話です。登場人物が個性的で、みんな魅力的なんです。

特に菊千代が好きです。体が大きく乱暴なもの言いでも、きれいな
女の子好きで、子供にも優しく、人間くさい菊千代。

落ち武者狩りをした百姓に憤る浪人達ですが、実は菊千代は百姓の出身で戦の度に畑をあらされたり、作物を兵糧に持って行かれたりと浪人の知らなかった百姓の苦労を泣き怒り訴えます。

一番じわっときたシーンです。

昔の映画なので何をしゃべっているかわからないかも、と心配かもしれませんが、大丈夫です。

日本語字幕がついています。
難しい知識も必要ないです。
モノクロ映画を食わず嫌いしている人、是非見てください。