筋トレ前は動的ストレッチがおすすめ

筋トレ前には動的ストレッチが有効であるといわれています。
筋トレ前に動的ストレッチをすることで、
身体が温まったり、筋肉に運動の準備をさせることができます。

ちなみに、なぜ静的ストレッチが筋トレ前に向いていないのかといいますと、
静的ストレッチは、筋肉を落ち着かせる効果があるからです。
そのため、これから筋トレをしようとするときに筋肉が落ち着いてしまうと、
効率的な筋トレができない恐れがあるからです。

ただ、筋トレで静的ストレッチが必要ではないかといいますと、
必ずしもそうではないのです。

というのは、静的ストレッチは筋トレ後に向いているからです。
書いたとおり、静的ストレッチは筋肉を落ち着かせる効果があるため、
筋トレで高まった筋肉の緊張をほぐすことができるんです。

筋トレ後の静的ストレッチは必ず必要というわけではありませんが、
なるべくはやくリラックスしたいときなんかには便利です。

<乳酸と筋トレの関係>
筋トレ後の筋肉は、筋トレで筋肉が痛んだ状態になっています。
そのため、筋肉が収縮して硬くなってしまったり、
乳酸がたまった状態になっています。

この乳酸というのは、疲労物質の一種でして、
人間に疲労を感じさせる効果があります。

乳酸の特徴として、
急に運動をやめてしまうと、乳酸が分解されないという特徴があります。
疲労物質が分解されないと、なかなか疲れが取れないということになってしまいます。

ですから、筋トレ後疲れるという方は、
筋トレが終わってもすぐに身体を動かすのをやめてしまわないで、
静的ストレッチをしてから休むようにしましょう。

ただ、この乳酸はデメリットだけではなく、
メリットもあります。
乳酸のメリットとしては、その分解の過程で骨格筋の活動を補助する栄養にもなるといわれています。