ストレッチの目的

ストレッチの目的として、ただ単に身体によさそうだからといった理由や、
スポーツでのパフォーマンス向上や身体をやわらかくするためなど、
理由はさまざまあります。

ですが、いずれの場合であれ、効率的にストレッチをしたいのであったら、
正しいストレッチの知識が必要になってきます。

例えば、動的ストレッチといわれるストレッチがあります。
この動的ストレッチはスポーツ前に行うとその後のスポーツでよりよいパフォーマンスが発揮できるといわれています。

また、柔らかい身体作りを目的としてストレッチをされているのであれば、
入浴後にストレッチをしたほうが柔らかい体づくりができるといわれています。

このように、同じストレッチでも向いているときとそうではないときがありますので、しっかりと理解しておくようにしましょう。

 

 
<動的ストレッチの特徴>
動的ストレッチの特徴としては、
動的ストレッチをすることで、体の血流が改善し、
筋肉が運動しやすい状態になることで、ストレッチ後のパフォーマンスが向上するという特徴があります。

そのほかにも、動的ストレッチをすることで怪我の予防にもなるといわれています。
ただ、どうやって動的ストレッチをしたらよいのかわからないという人も多いと思います。
一般的にイメージしやすい動的ストレッチとしては、
ラジオ体操があります。
ラジオ体操は身体全体のストレッチをするのですが、
あなたのこれから行うスポーツは身体の一部分しか使わないことも多いでしょう。
ですので、あなたの行っているスポーツによって行うべきストレッチは異なります。
ですから、基本的にはこれからあなたが使う筋肉をストレッチするようにしましょう。

このように、ストレッチについて調べていくと、どのようなときにストレッチをしたらよいのかもわかってきます。
例えば、スポーツをする方であれば、スポーツ前には動的ストレッチを、
スポーツ後には静的ストレッチをするとよいということがわかります。

また、やわらかい身体を目指してストレッチをしているという方も、
そのストレッチに適したときというのがあります。
例えば、お風呂上りにストレッチをすることでより効率的にストレッチをすることができます。