ストレッチの効果と種類について

ストレッチの効果は、怪我の予防や、硬くなった体をやわらかくしたり、
副交感神経を刺激することで、身体の緊張をほぐしたりと、
さまざまな効果があります。

また、ストレッチには『静的ストレッチ』、『動的ストレッチ』の2種類あり、
同じストレッチでもそれぞれ全く異なる効果があります。

たとえば、動的ストレッチは、スポーツ前に行うことが推奨されていますが、
静的ストレッチは、スポーツ後に行うことが推奨されています。

同じストレッチでも行うタイミングは間逆ですので、
しっかりと勉強した上で行うとよいでしょう。
<ストレッチのメリット>
ストレッチの目的は関節の稼動域を広げるだけではありません。
例えば、ストレッチをすることで、身体の各部位の普段の生活では使われることがない筋肉を刺激し、また、血液の循環を改善することができます。
ですので、冷え性で悩んでいたり、肩があがらないといった方はストレッチを試してみるとよいでしょう。
ただ、ストレッチをするときには、正しい方法で行うとより効率的にストレッチをする必要があります。
間違った方法でストレッチをしてしまうと、
改善するどころか逆に身体を痛めてしまうことにもなりかねませんので、
しっかりと正しいストレッチ方法を理解したうえで行うようにしましょう。
<朝にストレッチをする>
朝にストレッチをするという方も多いと思います。
朝にストレッチをするというのはとってもよいことなんです。

朝起きたときは、身体が硬くなっているという人が多いと思います。
ですから、この硬くなった体をやわらかくするというためにストレッチをするというのは非常に意義のあることなんです。
また、ストレッチの内、動的ストレッチには交感神経の働きを活発にさせる効果があります。
朝あまり目覚めがよくないという人は、交感神経を刺激することで、
体を目覚めさせることができるでしょう。